交通事故の治療

当院は交通事故治療の症例が多く、経験が豊富です。

交通事故に遭った場合「どこに行けばきちんとした治療を受けられるのだろう?」「しっかり治したいけど、飲み薬と電気治療だけでは不安」といったお困りの声をよく耳にします。このような時には当院にお任せください。
また、保険会社とのやりとりでの難しい問題、完治に至るまでの過程で不安な要素などがありましたら遠慮なくご相談ください。専門知識の豊富なスタッフが、患者様の立場に立ったアドバイスをいたします。

治療費について
交通事故でのおケガでは、一般的に自賠責保険や任意保険での治療となります。この場合、患者様の治療費のご負担はありません。
治療方針
「西洋医学的なアプローチ+東洋医学的なアプローチ=相乗効果による早期の回復」
交通事故でのケガは通常のケガとは違い、1トン以上もある鉄の塊の衝突により起こります。わずかな衝突でもその衝撃は計り知れないものがあり、身体は見かけ以上にダメージを負っていることも珍しいことではありません。 
当院では、交通事故でのケガは一般のケガとは大きく違うものと考えています。

交通事故でケガの場合、西洋医学的な治療(超音波照射や各種電気治療)に加え、症状やご希望に応じてあん摩やマッサージを主体とした手技療法、きゅう治療やはり治療などの東洋医学的な治療を組み合わせ、それらの相乗効果による最善の治療方法をご提供致します。
手間と時間をかける事で患者さまの身体にもともと備わっている「自己回復力」を最大限に引き出し、損傷組織の修復を早めながら早期の症状改善を目指します。
また、待ち時間を少なくするために、希望される方には通常の受付時間内でのご予約をお受けしております。
治療の目的
痛めた箇所の周囲の筋肉・腱・靭帯は広範囲に微細な損傷を受けています。この損傷が回復していく過程で瘢痕組織に置き換わってしまうと筋肉の柔軟性が失われ、緊張が緩まない状態となってしまいます。このような状態が続くと筋肉周囲の血管や神経を圧迫し、また、骨格にわずかなゆがみやズレが生じる原因となり、様々な症状(めまいや頭痛、自律神経症状、しびれ、こり感、はり感、持続的な痛み、重だるさなど)が出現してきます。
痛めた筋肉が瘢痕組織に置き換わることを最小限にとどめ、筋肉やスジの柔軟性が低下する事を最小限に留めることで早期の回復を目指します。
治療の流れ

まずはお電話をください
事故に遭われたらまずお電話をください。事故直後は気が張って何も感じなくても、事故の翌日から2~3日後に症状が出てくることが多いものです。状況に応じて適切なアドバイスをさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。
なお、「どこの医療機関や接骨院で治療を受けるか」という「治療を受ける施設を選択する権利」は、患者様側にあります。

来院
問診票にご記入頂いた上で、事故の状況や身体の状態などを伺い、詳しく診させていただきます。
説明
おケガの状態や治療の内容、計画について説明させていただきます。また、自賠責保険の仕組みや治療終了に至るまでの道筋についての説明・アドバイスもいたします。
疑問の点などありましたら、遠慮なくご質問ください。

治療開始
初期の段階ではこまめに通院し、治療に専念しましょう。
治療の内容についてご要望等があれば、遠慮なくお申し出ください。
ご希望に応じてマッサージや関節の調整、はり・きゅう治療など東洋医学的な内容も組み合わせることができます。
平日の最終受付は午後7時30分ですので、お仕事帰りでも間に合います。
また、自賠責保険での治療では受付時間内でのご予約をお受けしております。

医療機関との併行受診について
自賠責保険での治療の場合、医療機関(整形外科など)との併行受診(医療機関で定期的に経過をみてもらいながら、普段の治療は接骨院で受ける)が可能です。
すでに医療機関で治療を始めている場合でも、患者様のご希望があれば当院での治療を受けることができます。お電話を頂ければ適切に対応いたします。